長谷川洋三の産業ウォッチ
三菱ケミカル社長の懸念:シェールガス革命は日本にとっては向い風

印刷
「米国におけるシェールガス革命は、米国にとっては追い風だが日本にとっては向い風だ。海外でどう生きて行くか、いかに早く取り込み次の形にできるかで企業差が出てくる」

   三菱ケミカルホールディングスの小林喜光社長は2012年9月13日、東京都千代田区大手町の大手町ビルで開いた「KAITEKI CAFE」のプレオープニングセレモニーでこう強調した。シェールガス革命の余波で米国では割安なエチレン増産が可能になったが、割安原料が入手しにくい日本の石油化学産業にとっては脅威になることを念頭に置いた発言だ。

   もっとも「従来の延長線での発想が通じなくなった中で、原子力の後を含め新しいアクションプランがあるかどうかだ」と次に備えることの重要性を指摘。「昨年3月の大惨事を逆手にとって世界に打って出るほかない」と強調した。

   これに対し三菱総合研究所の小宮山宏理事長は「日本国内には次の産業の芽がある」と応じた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中