台風17号、30日夕方から夜にかけて上陸

印刷

   非常に強い台風17号が2012年9月30日夕方から夜にかけて、近畿から関東にかなり接近して上陸するおそれがあり、気象庁は暴風や大雨、高波、高潮に厳重な警戒を呼びかけている。

   雨がピークとなる時間帯は、近畿が30日昼過ぎから夜にかけて、関東甲信が30日夜から1日の未明にかけて、などと予想されている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中