イーハトーブ賞受賞のむのたけじさんが講演【岩手・花巻発】

印刷
自著のサインに気軽に応じるむのさん=花巻市大通りの定住交流センター(なはんプラザ)で
自著のサインに気軽に応じるむのさん=花巻市大通りの定住交流センター(なはんプラザ)で

(ゆいっこ花巻;増子義久)

   「じいさんよ、97歳ぐらいで隠居しておれないぞ。じいさん、頑張れよ。そう、賢治さんに鞭を打たれている気がして…」―。22日、第22回宮沢賢治・イーハトーブ賞を受賞したジャーナリスト、むのたけじさん(秋田県横手市在住)の張りのある野太い声が会場を揺るがした。一貫して地域生活者として生き、そこから農業や教育、文化についての数々のメッセージを発信。それが賢治精神にふさわしいと評価された。


   「もともと地上には道はない。歩く人が多くなれば、それが道になるのだ」―。中国の作家で思想家の魯迅のこの言葉を引き合いに出しながら、むのさんは記念講演でこう喝破し た。「崇拝する魯迅先生だが、これだけは間違っている。たった一人で最初に歩く人がいなければ道はできないのだ。その人物こそが賢治さんではなかったのか」。現在、97歳8ヵ月。過去最高齢の受賞者のパワーに会場は終始圧倒された。


   むのさんは太平洋戦争が敗北した1945年8月15日、勤め先の朝日新聞社を退社。郷里の横手市に帰郷して、1948年にタブロイド版の「週刊たいまつ」を創刊。1978年、第780号で休刊したが、その後も地べたに這いつくばるようにして、農業の立て直しや戦争反対の論陣を張り続けてきた。自らの戦争責任について、むのさんはこう激白した。


   「20世紀の初頭に生まれた戦中派は、世界情勢の今の混濁を作った張本人であり、それを正すための努力を怠った犯罪者たちだ。私はその数少ない生き残りの一人だ。自分たちの世代の歴史体験を余さず切り刻んで、自らの手で裁いて、そこから今後への指針を導き出して、それを後続の世代に渡さなければ死ぬわけにはいかない」


   こんな思いのむのさんにとって、東日本大震災は追い打ちをかける衝撃だった。近著『希望は絶望のど真ん中に』(岩波新書)の中でむのさんは渾身を込めて、こう書き記している。「悲報は四方に飛び、そしてすぐに八方から救いの手、励ましの手が波のように差し伸べられてきた。その波は新しい表情と熱気を持っている。…日本列島の一隅に発生した出来事と人々の動きが引き金となって、人々の目ざめが誘発されているのであるまいか。人々の連帯=人類の友情を開墾する作業が、地上の至る所で始まったのではあるまいか」


   「老いたな、老いたな。よし来た、よし来た。さらに賢く、さらに美しく」……。「老醜という言葉が嫌いでね。だから、最近、頼まれた色紙にこう書いたんですよ」と言って、むのさんは続けた。


   「賢治さんが切り開いた道は今、国境を越えて世界中に通じている。『世界がぜんたい幸福にならないうちは個人の幸福はあり得ない』(農民芸術概論綱要)や 『雨ニモマケズ』は震災復興のメッセージとして、世界を飛び交っている。だから、まだまだ死ぬわけにはいかない。あと百年は生きたいもんですね。今こそ、東北の人間たちと山野が燃え上がって、暗黒を切り裂くたいまつにならなければ…」


   講演に先立ち、「あいさつの後は座らせていただき ます」と言っていたむのさん、気が付くと40分間の講演中、ずっと立ちぱなっしの熱弁だった。「今朝、宿泊先のホテルで講演の練習をしたら、2時間半もしゃべり続けていた」。むのさんはこう言って笑いを誘い、手を振りながら会場を後にした。

受賞を祝って、賢治作品(文語詩「雪の宿」)にも登場する早池峰神楽(大償神楽)の「山神舞」が奉納された。早池峰神楽は国指定の重要無形民俗文化財で、平成21年にはユネスコの無形文化遺産にも登録された=花巻市大通りのなはんプラザで
受賞を祝って、賢治作品(文語詩「雪の宿」)にも
登場する早池峰神楽(大償神楽)の「山神舞」が奉納された。
早池峰神楽は国指定の重要無形民俗文化財で、
平成21年にはユネスコの無形文化遺産にも登録された
=花巻市大通りのなはんプラザで


ゆいっこ
ゆいっこネットワークは民間有志による復興支援団体です。被災地の方を受け入れる内陸部の後方支援グループとして、救援物資提供やボランティア団体のコーディネート、内陸避難者の方のフォロー、被災地でのボランティア活動、復興会議の支援など、行政を補完する役割を担っております。
ゆいっこは、「花巻」「盛岡」「北上」「横浜」「大槌」の各拠点が独立した団体として運営しておりますが、各拠点の連携はネットワークとして活用しております。
■ホームページ http://yuicco.com/
■ツイッター @iwate_yuicco

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中