麻生元首相の訪韓にネット大興奮 「秘密兵器登場」「頑張れ閣下」、一部で失望も

印刷

   自民党の麻生太郎元首相が韓国を訪問し、李明博大統領と2012年10月8日会談することとなった。8月の日韓関係悪化以来、正式な形で日本の政治家が大統領と会うのはこれが初めてで、日韓関係改善の糸口を探ると見られる。

   このニュースに盛り上がっているのは、麻生びいきの多い一部ネットユーザーたちだ。「麻生ならなんとかしてくれる」「頑張れ閣下!」と、早くも過大とも見える期待が集まっている。

日韓協力委員会会長代行としての訪問

   麻生元首相は日韓の政治家や財界人などで作る日韓協力委員会の会長代行を務めており、今回は同委員会の合同総会に出席するため韓国を訪問する。総会では野田佳彦首相、玄葉光一郎外相からのメッセージも披露される予定だ。

   それにしても、現在は野党の一議員に過ぎないはずの麻生元首相に、なぜこうも注目が集まるのか。背景には、民主党政権の外交政策への失望感がある。竹島・慰安婦問題をめぐる韓国との対立はこう着状態が続き、中国との尖閣諸島問題でも「後手に回っている」「弱腰だ」との声が強い。

   対して麻生元首相は「閣下」の愛称を奉られるなど、タカ派的イメージでネット上の保守層の間で根強い人気を誇る。加えて英語は堪能、外相経験もあり、首相時代にはオバマ大統領と通訳抜きで会話するなど、「外交に強い」という印象を持つ人も多い。

   こうした経緯からネット上では、麻生元首相なら韓国に日本側の主張をはっきり伝えてくれるのでは、という期待感が高まっている。

「麻生閣下なら安心していられる」
「あのプーチンとじゃれ合いながら話せる麻生さん。流石は、吉田茂の孫。頼みます。あなたしかいません」
「日本の秘密兵器、ついに登場!」

「なんで韓国相手にこっちから歩み寄らなきゃいかんわけ?」

   一方で韓国に対し強硬な態度を望む層からは、訪韓それ自体が「妥協的」だとして、

「麻生さん好きだったのに ショックで眠れなかった」
「なんで韓国相手にこっちから歩み寄らなきゃいかんわけ?」
「麻生さん余計な事をしないでください」

などと麻生元首相への失望を口にする人も。またそもそも麻生元首相は上述の日韓協力委員会に所属するなど「親韓」的な立場ということもあり、「麻生氏、間違っても酷使様(※いわゆるネット右翼への蔑称)が熱狂するような話はしてこねーと思うよ」と冷めた見解を示す人も少なくない。

   このところ、韓国側も、こじれた日韓関係を解きほぐす糸口を探っている気配もうかがえるだけに、今回の麻生氏の訪韓がどのような「成果」をもたらすか、ネット保守層でなくても気になるところだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中