田中法相に暴力団幹部と交際報道 大臣辞任は必至か

印刷

   田中慶秋法相が、30年ほど前に暴力団関係者の宴席に出席した上、別の暴力団幹部の結婚式では仲人を務めていた、と週刊誌に報道された。田中氏は外国人献金問題が発覚したばかりで、暴力団との過去の交際が明らかになったことで、辞任が不可避な情勢に発展しそうだ。

   田中氏の疑惑を報じたのは、首都圏では2012年10月11日に発売された「週刊新潮」10月18日号。記事では、田中氏が宴席であいさつする様子を目撃したという暴力団関係者の証言を紹介。別の暴力団関係者は、11年に死去した暴力団幹部の結婚式で、田中氏が仲人を務めたことを証言している。

   田中氏は、週刊新潮の取材に対して、暴力団関係者の宴席に出席したことについては

「いや、あのぉ、1回だけだと思いますよ」

と事実を認めた上で、仲人を務めたことについても、

「だって、(新郎である暴力団幹部の)お父さんから頼まれてやったわけで。息子がどういうあれか知らなかった」

と述べたという。

大臣としての資質に疑問の声

   田中氏は10月1日の内閣改造で初入閣。同日の就任会見でも、死刑の存廃問題についての答弁が不明瞭だとして大臣としての資質に疑問の声があがっていた。数日後には、田中氏の政治団体が、在日台湾人が経営する会社から計42万円の献金を受けていたことが発覚。政治資金規正法に抵触する疑いがあるとして、全額を返金したばかりだった。この問題についても「返金までに時間がかかりすぎている」といった批判も出ており、国会が開催されれば「暴力団交際」も含めて野党から追及され、辞任しなれば政権そのものが危機的な状況に追い詰められるのは確実だ。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中