iPS細胞移植は1例だけと説明 森口氏「嘘といえば嘘になる」

印刷

   iPS細胞を使った世界初の治療をおこなったと主張していた自称・ハーバード大客員講師の森口尚史氏が、米ニューヨーク市で2012年10月13 日(現地時間)に会見し、実際に治療をおこなったのは1例だけだったと説明した。

   森口氏はこれまで、2012年2月に34歳の男性にiPS細胞を使って手術をおこない、患者計6人に治療を行ったと主張していた。このうち5例について、予定をオーバーに言ったもので、「皆さんが嘘というならば嘘になる」などと述べた。また、手術をおこなった場所はマサチューセッツ総合病院ではなくボストン市内の病院、治療実施時期は2011年6月前半だった、とこれまでの説明を変えた。

   森口氏は15日午後に日本に帰国予定で、その際改めて報道陣に説明するとしている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中