大河ドラマの題字も手がけるダウン症の書家・金澤翔子さん【福島・いわき発】

印刷
news_p150512_1.JPG

   いわき市遠野町に金澤翔子美術館がある。金澤さんはダウン症の書家だ。建物に入るとすぐ正面に「希望光」の大作が飾ってあった(=写真)。


   リーフレットによれば、津波被災地を訪ねた彼女が瓦礫の間に小さな赤い花を見つけ、「希望の光だ」とつぶやいた。被災者に寄り添う思いを「共に生きる」に表し、希望があることを伝えたくて「希望光」を書いた。そもそも美術館がいわき市に開設されたのも、東日本の復興を願ってのことだという。


   同美術館は2011年12月1日、「きもの乃館 丸三」の協力を得て、その建物のなかにオープンした。知人がスタッフとしてかかわっている。すぐにでも訪ねたかったが、ずるずると日が過ぎて、きのう(10月14日)、ようやくカミサンと訪ねた。作品を見るのが主。それは当然だが、同時に知人の陣中見舞いを兼ねる。


   館内に入った瞬間に目が合った。「あっ!」となって、まずは観覧料1人800円を払う。知人に案内されて金澤さんの書を見て回った。


   「空」の字がいくつか展示されているコーナーで、不覚にもこみ上げてきそうになった。「空」の字を見た子どもたちがさまざまな反応を示すのだという。「空」が 笑っている・泣いている・パンダに似ている・疲れている……。金澤翔子さんのストレートな思いが字に反映され、子どもたちがまたそれを見てストレートに反応する。


   NHKの大河ドラマ「平清盛」の題字は彼女が書いた。テレビでは縦3文字だが、美術館に展示されているのは横3文字だ。さすがに縦と横とでは雰囲気が異なる。が、「平清盛」も含めて彼女の作品には、一般のプロにはない豊かな造形性がある。


   プロでもアマでもない、なにか別の――そう「天与の役目」(母親の泰子さん)を与えられた書体。私たちが使う「心」だとか「夢」だとかは、すっかり手あかにまみれてしまった。それをまっすぐ見つめて書くから、こちらにぐさりとくるのだ。そこが違う。久しぶりにゆったり、ふんわりした時間をもてた。

(タカじい)



タカじい
「出身は阿武隈高地、入身はいわき市」と思い定めているジャーナリスト。 ケツメイシの「ドライブ」と焼酎の「田苑」を愛し、江戸時代後期の俳諧研究と地ネギ(三春ネギ)のルーツ調べが趣味の団塊男です。週末には夏井川渓谷で家庭菜園と山菜・キノコ採りを楽しんでいます。
■ブログ http://iwakiland.blogspot.com/

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中