橋下市長「これでノーサイド」 朝日新聞の取材拒否解除へ

印刷

   大阪市の橋下徹市長は、朝日新聞出版が「週刊朝日」で連載を開始した「ハシシタ 奴の本性」の打ち切りを発表したことについて2012年10月19日夜、ツイッターに「これでノーサイド」と投稿した。橋下市長は連載記事について「血脈主義、ないしは身分制につながるきわめて恐ろしい考え方」と批判、朝日新聞社の見解を聞くまでは取材を受けないとしていた。「ノーサイド」としたことで、取材拒否は解除されるとみられる。

   さらに橋下市長は20日の投稿で、週刊朝日に対して、連載の企画時にどんな協議がなされたか、誰かが異論をはさんだ形跡はないのか、どこに問題があったのか、などといった点について「再発防止に努めるなら次号で明らかにすることを期待する」とつづった。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中