「高円宮家が侍女募集」 昭和女子大の求人票がネットで話題に

印刷

   勤務先は「高円宮家」、募集職種は「侍女」―。昭和女子大(東京都世田谷区)に張り出されたこの求人票が、ツイッターやネット上の話題になっている。

   きっかけは、同大を訪れた男性からのツイートだ。「こんな求人票初めて見たw 内定後の辞退は不可だってさ@昭和女子大」と写真付きで投稿すると、ネットの掲示板などに「ロマンあふれる求人票」「超レアですね」といった書き込みが相次いだ。

大学側「他の企業の求人と同じ扱い」

   ツイッターに添付された求人票の写真によると、企業名:高円宮家(卒業生3人が在職しています)。職種:侍女(家事全般{炊事、洗濯、掃除等}、来客接待、行事の設営・運営、事務的業務等を行います)。

   勤務地:港区元赤坂(「住み込み」となります)。応募用件:家事(特に料理)が得意な方、他社からの内定を持っていないこと、などとなっている。

   宮内庁のホームページによると、高円宮家は、皇太子ご夫妻や秋篠宮家、三笠宮家などと同じく、元赤坂の東宮御所の中にある。高い塀に囲まれた、うっそうとした緑のなかにある皇族のお屋敷での「住み込み」となるわけだ。

   この写真の求人票は本物なのか、真偽を確かめるために昭和女子大に取材してみた。就職担当の同大キャリア支援センターによると、「高円宮家から求人があったのは事実」で、「他の一般企業からの求人と同じように扱っています」。

   宮家での勤務といっても公務員ではなく、「一般企業と同様、民間人として採用する求人票です」と言う。宮内庁などでは一般に、宮家で私的に雇うお手伝いの女性を「侍女」と呼び、侍女自体は同庁職員や公務員ではない。

   昭和女子大と高円宮家との関係や応募状況、待遇などについては「個別の案件なのでお答えできない」とのことだった。

採用する側の高円宮家とはどんな宮家なのか。

   高円宮家は1984年、三笠宮崇仁親王の第3男子の憲仁親王が創設され、憲仁親王が亡くなられたため現在の当主は憲仁親王妃の久子さま。子女として承子(つぐこ)さま、典子さま、絢子(あやこ)さまの3女王がおり、いずれも成人している。

   久子さまは憲仁親王が亡くなられた後、親王が務めていた日本水難救済会名誉総裁や日本海洋少年団連盟名誉総裁、日本サッカー協会名誉総裁などを引き継いで活動されているほか、2012年には大阪芸術大学から博士(芸術文化学)の学位を授与されている。

   宮内庁などによると、秋篠宮家以外の4宮家の担当職員は現在いずれも10人未満。久子さまと3女王の高円宮家は、宮務官、侍女長、事務官、運転技官、調理師ら計9人の職員に加え、民間人の侍女がお世話を担当している。

   高円宮家からの今回の求人の応募締め切りは2012年10月30日。翌31日に学内説明会が開かれるという。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中