乙武さん「いじめがはびこるわけだ」 はるかぜちゃん「殺人予告」ネット上の声に違和感

印刷

   「はるかぜちゃん」こと人気子役の春名風花さん(11)がツイッター上で「殺人予告」を受けて通報した一連の事件について、作家の乙武洋匡さん(36)が2012年11日2日、ツイッターでコメントした。ネット上のはるかぜちゃんに対する批判的な声に違和感を表明しており、話題となっている。

「だから小学生に…」論に反応

   11月1日、「はるかぜちゃんをナイフで滅多刺しにしてドラム缶にセメント詰めて殺したい」というツイートを発見したはるかぜちゃんは、ツイートを引用した上で「お客様の中におまわりさんはいらっしゃいますか」と投稿。「殺人予告」のユーザーに向け、事務所に連絡をすれば通報はしないと呼びかけたが、その後音沙汰もなかったようで、翌日18時すぎには「神奈川県警に届けおわりました」と報告している。

   乙武さんがツイートで取り上げたのは、はるかぜちゃんの親が通報したことに対するネット上の声だ。この対応についてはツイッター上でも賛否両論があがっていたが、乙武さんは「『だから小学生にネットなんかやらせるから…』という感想を漏らしている人が多いことに驚く」とつぶやいた。「『退場すべきは、いじめられた側』というわけか。これでは、いじめがはびこるわけだ」と、「街の声」に対する違和感を語った。

   乙武さんのツイートに対しては、「いじめる側が悪い。明確」「小学生にそんなことしか言えないやつにネットやらせるからではと思いますよね」といった反応が寄せられていた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中