「インターネット依存症」日本国内に270万人 脳が退化、「妄想や幻覚を見る」は本当か

印刷

   テレビのバラエティー番組で、いわゆる「インターネット中毒」が取り上げられた。四六時中ネットを利用していると「脳が退化」し、果ては「妄想や幻覚を見る」とまで話が発展したが、本当だろうか。

   実際にインターネット依存症を扱う病院が国内にはある。しかし治療を始めたのは最近で症例の蓄積が少なく、具体的な解明はこれからだ。

精神疾患かどうか結論は出ていない

日本のみならず隣国でも「ネット中毒」が深刻に
日本のみならず隣国でも「ネット中毒」が深刻に

   「ネット中毒」に焦点を当てたのは、2012年11月7日放送の「ホンマでっか!?TV」(フジテレビ系)に出演した教育評論家の尾木直樹氏だ。「コンピューターを使い過ぎると脳が退化する」と口火を切ると、情報を容易に探し出せるネットに頼り過ぎれば、自分の脳で考えなくなると述べた。

   これに脳科学者の澤口俊之氏が続いた。ネットの使い過ぎが原因による「Internet Addiction Disorder」(IAD=インターネット依存症)では、重度の症状になると妄想や幻覚が見えるという。攻撃性が増して社会性が失われ、「覚せい剤中毒とほぼ同じ。そうなったら隔離しないとダメ」と刺激的な話も飛び出した。1日ネットに触れなかった際にイライラや不眠が増したら、「中毒」の初期段階らしい。

   国内には、IADの治療を専門に手がける医療機関がある。神奈川県にある久里浜医療センターだ。国立病院機構に属し、1963年に日本初のアルコール依存症専門病棟を設立、世界保健機関(WHO)からも指定を受けている。2011年7月に国内第1号となるネット依存治療研究部門を立ち上げた。

   IADは1997年、米国の精神科医イヴァン・ゴールドバーグ氏が理論づけた障害だ。多くの研究者が定義付けを試みているが、現時点では確立されたものはなく、精神疾患であるかどうかも結論は出ていない。研究者のひとりで米セント・ボナベンチャー大学のキンバリー・ヤング教授は、ネットに過度に没入するあまり、パソコンやモバイル機器を利用できないといらだったり、人間関係に煩わしさを感じたりするようになるのが特徴だと説明する。久里浜医療センターの2007年の調査では、国内でIADが疑われる20歳以上の人は約270万人と推計されている。未成年者はこの数字を上回る可能性が高い。

   同センターが公開している資料を見ると、訪れる患者の年齢層は10~50代とさまざまで、若年層はオンラインゲームにはまり込むほか、交流サイト(SNS)や動画サイトなどに没頭するケースが多い。食事や睡眠がおろそかになり、不登校や出社拒否、家族とのトラブルに発展する。ネット利用を妨げると暴力をふるわれることもあるようだ。

中国の更生施設では「軍事訓練」、死亡事故も

   症例は20歳未満の未成年に多く、他の依存に比べて本人の問題意識が乏しい傾向にあるとする。しかし、久里浜医療センターがIAD患者の治療を初めてまだ1年強のため症例が少ないうえ、症例ごとに年齢や性、依存パターン、家族構成などが異なるため画一的な治療が難しいという。スマートフォンの急速な普及で、従来にはなかった新たな依存の問題が生じる懸念もある。

   隣国でも同様の問題がある。中国共産党の機関紙「人民日報」の電子版、人民網(日本語版)2010年2月3日付記事は、中国の「ネット中毒者」が2400万人を超えると伝えた。特に18~23歳の年齢層が割合で最も多く、数も増えているという。中毒の程度が詳述されておらず、IADと同義ととらえてよいかは微妙だが、相当の人数なのは間違いない。

   依存者を立ち直らせるための更生施設は、中国全土で200か所とも400か所とも伝えられる。毎日新聞は2010年8月16日の記事で、山東省にある施設を紹介した。隊列を組んでの行進をはじめとした「軍事訓練」を中心に、体を鍛え規則正しい生活を送り、人とのつながりを取り戻すのを目的とする。一方で、こことは別に悪質な施設の事例も報告されており、2009年には更生プログラムを受けていた少年を教官が殴って死なせる事件まで起きた。

   韓国では2012年、小学4年、中学1年、高校1年の約174万人を対象にした調査で、6万8044人が「ネット中毒」またはその「予備軍」との結果が出たと、2012年5月30日に聯合ニュースが報じた。主要紙の中央日報も3月6日、幼児・児童の「ネット中毒率」が7.9%に上り、満20~49歳の6.8%より高く若年層で深刻化している現状を浮き彫りにした。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中