野田首相、定数削減・歳費削減確約なら「16日に解散してもいい」

印刷

   野田佳彦首相は2012年11月14日午後の党首討論で、自民党の安倍晋三総裁に対して、遅くとも13年の通常国会での議員定数削減と、それまでの議員歳費の削減の確約を得られることを条件に「16日に(衆院を)解散してもいいと思っている」と述べた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中