「私はウソつきではありません」 野田首相「一世一代の大勝負」で16日解散

印刷

   民主・自民・公明の3党首が消費増税法案成立に向け、「近いうち」解散を互いに確認してから3か月余り。野田佳彦首相が2012年11月14日、自民党の安倍晋三総裁に対し、党首討論の場で解散時期を「今週末の(11月)16日」と明言した。

   衆院の解散時期をめぐって自・公からは「うそつき」と追及され、年内解散を回避したい民主党内部では「野田降ろし」の声が高まる中、首相は「衆院定数削減の確約」などを条件に自民を巻き込んでの強行突破に打って出た。

会場内は一瞬ざわめいた後、報道各社のフラッシュが

「8月に谷垣前総裁との会談で(消費増税法案が成立すれば)『近いうちに国民に信を問う』と言ったことにウソはありません」「私はウソをつくつもりではありませんでした」

   11月14日午後3時から始まった党首討論。野田首相は解散時期を明らかにするよう迫る安倍氏に対してこう述べ、続いて誰もの意表を付く形で解散時期を明示した。

「(解散に向けた環境整備として)特例公債法案は今週中に成立させてほしい。また衆院の一票の格差是正と衆院の議員定数削減も今国会中に、最悪の場合でも来年の通常国会で実現させると確約いただけるなら、あさって16日に解散してもいいと思っている。この国会で結論を出そうじゃありませんか」

   会場内は一瞬ざわめいた後、報道各社のフラッシュがまたたいた。

   野田首相は加えて

「消費税増税というご負担を国民にお願いする以上、定数削減はどうしても成し遂げなくてはならない。その道筋を作らなければと思っている。実現までの間は議員歳費の2割削減といった身を切る覚悟も示す必要があることも約束してほしい」

と安倍氏に呼びかけた。

 

   党首討論終了後、藤村修官房長官は記者会見で「首相の言葉は解散を表明したと思っている」。自民党は首相提案を受けての緊急会議の結果、「定数前削減については環境整備を行って(実現に向けて)協力する」と受け入れるコメントを記者団に示し、11月16日の衆院解散がほぼ確定的な雲行きだ。

   定数削減やTPPなどを争点に目論み、「一世一代」の賭けに出た野田首相に対し、身内の与党・民主党の反応はどうか。

   「野田降ろし」の声が公然と飛び交った13日の常任幹事会で、「党の総意」として年内解散反対を決めた民主党は、首相の「解散宣言」をどう受け止めているのか。

民主執行部「まさに『寝耳に水』」 国民新党は不快感

「16日解散と言ったのだから、それを撤回することはないだろう」

   民主党幹事長で、年内解散反対を野田首相に強く主張してきた輿石幹事長は討論終了後の14日夕、そう述べた。「解散は野田首相の専権事項だから、それでいいではないか」とも言った。

   常任幹事会の場で「野田降ろし」などに言及した民主党議員は「われわれに時間を与えず、解散に打って出ても党内は収まらない。離党者だって出るだろう」と不快感を示した。党執行部の一人は「まさに『寝耳に水』。準備も全くない状態で、首相は選挙態勢をどうつくれと言うつもりなのか」と呆れ顔だったという。

   一方、民主党が連立を組む国民新党の下地幹郎・郵政民営化担当相は「首相の言ってることの意味が分からない」と憮然とした表情だった。

   野田首相の「16日解散」発言をめぐっては、ネットの掲示板などにも多くの書き込みが相次いだ。

「野田は男を見せた」「討論では勝っていた」

との声がある一方、

「今さら解散といわれても、民主党への怒りの気持ちは収まらない」
「あっ、そう。何をかんがえているんだか」
など、冷めた意見が支配的だった。

   報道各社によると、政府・民主党は11月16日解散の場合、12月16日選挙の日程で調整を始めたという。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中