中国産茶葉から基準値超える残留農薬 黒烏龍茶を自主回収

印刷

   茶の製造・販売を行う小谷穀粉(高知市)は2012年11月30日までに、中国から輸入したウーロン茶の茶葉から残留農薬の基準値を超えたものが発見されたため、それを使った商品を自主回収すると発表した。対象商品は黒烏龍茶のティーバッグなど30種類で、賞味期限が13年10月13日から14年11月20日になっているもの。

   主に殺虫剤として使用されるフィプロニルが、基準値0.002ppmのところ0.063ppm、インドキサカルブが、基準値0.01ppmのところ0.05ppm検出された。日常的に摂取しても健康被害を引き起こさないレベルの量だという。

   返品は小谷穀粉のコールセンター(0120-737-433)で受け付けている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中