中央道笹子トンネルで崩落 けが人複数、火災で近づけず

印刷

   山梨県の中央自動車道上り線の笹子トンネルで2012年12月2日8時ごろ、崩落事故が起きた。

   朝日新聞などの報道によると、内壁が落下したものと見られ、軽自動車など何台かの車が巻き込まれた。車両火災も発生している模様で、入口付近には 黒煙が上がり、近寄れない状態という。

   けが人が複数出ており、女性1人は自力で脱出し、軽傷で病院へ搬送された。ほ かに女性2人が病院に搬送されたが、けがの状況は不明という。

   事故の影響で、現在、中央道は上りは一宮御坂インターチェンジと大月ジャンク ションの間、下りは大月ジャンクションと勝沼インターチェンジの間で 通行止 めとなっている。

   笹子トンネルは全長約4.2キロで、甲州市と大月市にまたがる。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中