マカフィー氏、身柄拘束か メキシコ国境超えに失敗?

印刷

   中米ベリーズで起きた殺人事件をめぐり、地元警察が指名手配していたジョン・マカフィー氏が身柄を拘束された模様だ。2012年12月3日、公式ブログが発表した。

   マカフィー氏のスポークスマンの男性が書いた公式ブログの記事によると、マカフィー氏との連絡が現地時間11月30日の遅くに途絶えた。その後、「ジョンはメキシコの国境線を超える途中でつかまった」との匿名のボイスメッセージを受信した。ただ、マカフィー氏本人からのメッセージではないため、内容については100%否定も肯定もできないという。

   マカフィー氏はウィルス対策ソフト「マカフィー」の生みの親。移住先の中米ベリーズの地元警察に近隣住民の殺人容疑で指名手配され、4時間おきに居場所を変えるなどの「逃走劇」を繰り広げて話題になった。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中