山本太郎「ボット」アカウント「凍結」 支援呼びかけツイートが公選法に抵触

印刷

   衆院選公示後のツイッターの利用のあり方を巡って議論が交わされる中で、候補者本人以外が、選挙活動への支援を求める内容のツイッターアカウントが登場した。法の網の目をくぐる手法とも考えられ、問題視されている。

   ツイートには候補者の名前が登場するなど、さすがに公職選挙法に抵触すると判断されたのか、登場から1日半ほどでアカウントは凍結されてしまった。

本人のアカウントから別アカウント登場をツイート

   問題とされているのは、東京8区から出馬している、俳優の山本太郎候補の「ボット」を名乗るアカウント。山本候補は、公示日に突入する直前の12月3日22日30分過ぎ、本人のアカウントから

「☆拡散願いANDフォロー願い☆ ☆山本太郎botできました!」

と、「ボット」と呼ばれる別アカウントが登場したことをツイートした。

   一般的には、ボットとは、事前登録されたツイートが機械的に投稿されるアカウントのことを指す。決められたタイミングに決められた内容のツイートをするものもあれば、(メンション)の内容に応じて違った内容の返信をするものある。中には、半ば「ジョーク」のような形で「ボット」を名乗り、手動でツイートしているケースもある。

山本候補本人のアカウントは更新を自粛

   山本候補本人のアカウントは選挙期間入りしてからはツイートが止まっている。ところがボットは12月4日になってツイートを活発化。その内容は、

「僕が出る事で、選挙に注目してほしいんです。もう何か祭りにしないとだめなんです。」
「新党 『今はひとり』 党首 山本太郎です! 皆さんから戴いたご寄付で今回の衆院選を闘います! 御無理のない範囲での御協力をお願いいたします」

と、支援を呼びかけるものが目立つ。

   東京8区は、前職の自民党の石原伸晃前幹事長が5回連続で議席を獲得している。このことを意識したのか、

「石原ファミリーに政治から退いて戴こう。 のんびりヨットで旅でもして戴こう」

という書き込みもある。

   候補者本人以外によるツイートであっても事実上、投票を呼びかける内容のツイートは公職選挙法に抵触する可能性が高い。ネットでもこれについてのスレッドが立ち、「問題があるのではないか」という指摘が出ていた。

   なお、このボットは、12月5日午後にはツイッターの運営会社によって凍結され、外部からは見られなくなっている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中