森永卓郎「少子化解消のためイケメン税導入を」

印刷

   2012年12月11日、朝日新聞デジタルに経済アナリストの森永卓郎さんの「イケメン税で恋愛の格差是正を」というインタビューが掲載された。

   「ニッポンのもう一つの形や新しい姿を考え、語り合う」というFacebookを利用した朝日新聞の新年企画「オルタナティブ・ニッポン」で、森永さんは「少子化の原因である非婚化を解消するため、イケメン税導入を」と提案している。

   森永さんはインタビューに対し「所得の格差がよく注目されるが、もっと深刻なのは容姿の格差。見た目がよい男性はとんでもない数の女性を獲得している。同時に100人以上の女性と関係している男性もいる。その結果、女性が一部の男性に集中するという問題が起きている」と指摘。「イケメン」の所得税は倍にする一方、容姿のすぐれていない男性の所得税は1~2割減額を、と主張している。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中