宮崎駿5年ぶり監督作品は「風立ちぬ」

印刷

   東宝は2012年12月13日に13年度ラインナップ発表会を開き、スタジオジブリの新作「風立ちぬ」(宮崎駿脚本、監督)と「かぐや姫の物語」(高畑勲監督)が13年夏に公開されることを発表した。宮崎監督がメガホンを取るのは08年の「崖の上のポニョ」以来約5年ぶりとなる。

   「風立ちぬ」は宮崎監督が模型雑誌「月刊モデルグラフィックス」で連載していた漫画が原作で、第二次世界大戦期の大日本帝国海軍の戦闘機「ゼロ戦」設計者として知られる堀越二郎の生涯を描いた作品だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中