「神戸・三宮で50対50の大げんか」の真相

印刷

   「三宮。血だらけww 50人 対 50人の喧嘩してるらしいww」。2012年12月16日未明、ツイッターにこんな投稿があった。道路を走る救急車やパトカーの写真も公開された。

   兵庫県神戸市の繁華街・三宮で撮影されたもので、現場に居た他のユーザーも「知り合いがビール瓶で殴られたわ」と実況ツイートした。これらの発言や人だかりの写真がNAVERまとめに掲載され、ネットでも騒ぎになった。

   ところが、兵庫県警生田署によると騒動が起こった場所は三宮の「生田新道」周辺。けんかはあったが、実際は100人規模ではなく4人と2人の争いだったという。いずれも20代~30代の男性で、たまたま居合わせた相手と殴り合いになったようだ。中にはビール瓶で殴られ負傷した人もいた。詳しいことは現在調査中だという。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中