日テレとTBSが「当打ち」ミス、時事は議席数誤集計

印刷

   2012年12月16日から17日にかけて放送された衆院選の開票特番で、日本テレビとTBSが落選した候補者を誤って当選確実と伝えるミスがあった。両局は、それぞれ番組内でお詫びや訂正をした。日本テレビは民主党の黒岩宇洋氏(新潟3区)について「当選確実」のテロップを誤って表示し、TBSは、千葉4区で落選した自民党の藤田幹雄氏について、比例代表南関東ブロックで復活当選確実と誤って報じた。

   また、時事通信はウェブサイトの速報で、獲得議席数について「与党49」「野党456」と表示。合計議席数として定員の480を上回る「505」を表示するトラブルがあった。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中