落選閣僚そろって首相に恨み節 「自爆テロ解散だった」

印刷

   「解散時期を早まった」「『近いうち』という発言にとらわれすぎた」――。民主党が惨敗を喫した衆院選挙後、初めての閣議が2012年12月18日に開かれ、落選閣僚からは野田首相の解散時期の判断をめぐって「恨み節」が語られた。

当選組は「選挙は自己責任」

   首相の解散判断について閣議後の会見で「自爆テロ解散だった」と批判したのは田中真紀子文科相。「周囲の意見を聞かずに独りよがりだった」とも述べた。城島光力財務相は「解散時期のスケジュール感が甘かった」と悔しさをにじませた。連立与党の国民新党の下地幹郎防災担当相は「『近いうちに(解散する)』という言葉に重みを置きすぎたのではないか」と語った。

   一方、苦戦はしたものの当選した岡田副総理は「選挙は最終的には自分の責任。他人の責任にするところから改めないと党の再生は果たせない」。前原国家戦略担当相は「解散時期が遅れていたら、もっと惨憺たる結果になっていた」と首相を擁護した。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中