「LINEが有料化」デマ拡散 公式アカウントが否定に懸命

印刷

   「LINEが有料化する」という内容のデマが2012年12月18日にツイッターで拡散した件をめぐり、LINEの公式アカウントなどが19日、「有料になる事実は一切ありません」と否定した。

「LINE有料化反対の人! 未成年へのアクセス禁止と 未成年へのID検索禁止てことを! 反対なひと!! RTでまわしてください!!」

といったデマツイートが、17日頃から10代ユーザーを中心に拡散していたようだ。17日に発表された「青少年保護のため18歳未満のユーザーはLINE ID検索が利用できなくなります」という文章の内容を、誤解したためと見られる。

   19日現在、拡散は落ち着いたものの、ツイッターのLINE公式アカウントは、誤解しているユーザー一人一人に対して説明に懸命だ。

「LINEが有料になる事実は一切ありません。また、次のバージョンでauのAndroid端末を利用する未成年の皆さんはID検索機能のみ停止しますがその他の機能はこれまで通り利用できます」

   NHN JapanでLINE事業を統括している舛田淳さんもツイッターで、今後の可能性も含めてこう断言した。

「LINEの無料通話・メッセージの部分を有料化することはございません。今までと変わりなく無料です、無料。今まで1ミリも考えたことないですよ、有料化なんて」
ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中