米WSJ一面に「くまモン」が もはや「世界のゆるキャラ」だ

印刷

   人気ゆるキャラ「くまモン」が、米国の名門新聞「ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)」一面に登場し、日本のファンを驚かせている。

   くまモンが出現したのは2012年12月26日(現地時間)付のWSJ紙だ。一面下部の「かわいくない?日本の、抱きしめたくなるようなキャラクターたちの競争(Isn't That Cute? In Japan, Cuddly Characters Compete)」と題した記事の挿絵として、モノクロのくまモン(Kumamon)のイラストが描かれている。

「日本のゆるキャラブームの『顔』である」

米WSJ紙の一面を飾ったくまモン(Newseumより)
米WSJ紙の一面を飾ったくまモン(Newseumより)

   記事は日本における「ゆるキャラブーム」事情を紹介したもので、同内容と見られるウェブ版では「新与党の自民党を始め、国・自治体、企業などが競って『ゆるキャラ』を導入している」現状を、愛媛・今治市の「バリィさん」、東京・西国分寺の「にしこくん」といった人気キャラクターを取り上げながら解説している。

   中でもくまモンについては、

「このわんぱくな黒い熊のマスコットは、熊本県の顔であるのみならず、このブーム全体の顔である」
「くまモン関連グッズは、年間25億円もの売り上げをもたらした」

と重点的に取り上げる。また県の担当者にくまモンの「中の人」を尋ね、

「くまモンはくまモンです。くまモンは1人しかいません。それ以上は聞かないでください」

と「そっけなく」はねつけられた、というエピソードも書かれる。

「全国区どころかWSJでも…!」

   このニュースに、Twitter(ツイッター)でくまモンファンは我がことのように喜んでいる。

「くまモン! 英字紙ウォールストリートジャーナルに載ってるよ\(◎o◎)/!」
「くまモン、今や全国区どころかWSJでもとりあげられとるやん!」
「くまもんわーるどわいどや」

   ちなみに記事中では「ゆるキャラ」は直訳で「loose characters(ゆるいキャラクター)」、あるいは日本語のまま「yuru-kyara」と表記されている。「anime(アニメ)」「kawaii(カワイイ)」が英語として市民権を得たように、「yuru-kyara」という言葉が定着する日も来るかもしれない。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中