ポロリもあるか? AKBたかみな、紅白で「脱ぎます」宣言

印刷
本番では「早着替え」成功なるか?(12月29日撮影)
本番では「早着替え」成功なるか?(12月29日撮影)

   AKB「生着替え」で紅白視聴率アップも? AKB48のメンバーが2012年のNHK紅白歌合戦で、舞台上での早着替えに挑戦する。

   メドレーの曲間にステージがいったん幕で隠され、その向こう側で大島優子さんや篠田麻里子さん、板野友美さんら選抜メンバーが、数秒の間に衣装をチェンジする。早着替えの模様それ自体は見えないとはいえ、ファンにとってはドキドキするような趣向だ。

   ところがAKBの「総監督」高橋みなみさんは2012年12月29日のリハーサルで着替えに失敗、取材で報道陣からそのことを指摘され、「あー、バレました?」。練習ではうまくいっていたとぼやき、

「本番はちゃんと、総監督も脱ぎます! しっかり脱ぎます!」

   と「脱ぎます」を連呼したところ、大島さんら他のメンバーからは「全部脱ぐの?」とからかいの言葉が。これには高橋さんも、

「ぜ、全部脱ぐわけじゃないですよ! おかしい、おかしい!」

と照れ照れになっていた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中