台湾の銀行大手、東京スター銀行と買収交渉 海外勢で初

印刷

   台湾大手の中国信託商業銀行が、東京に本店を置く地方銀行の東京スター銀行の買収に向け株主と交渉を進めていることがわかった、と2012年12月30日付の日本経済新聞が報じた。東京スター銀行の株主である米投資ファンドのローンスターや新生銀行などから、ほぼすべての株式を約500億円で買い取る。

   これまで米リップルウッドやサーベラス、ローンスターなど投資ファンドが邦銀を買収した例はあるが、実現すれば、外銀が邦銀を買収する初のケースになる。

   中国信託は台湾・台北に本社を構える大手銀行で、香港やインド、ベトナムなどアジアを中心に拠点を有する。東京スター銀行を買収し、日本での取引を拡大して国際業務の収益を高める計画。

   東京スター銀行は1999年に経営破たんした東京相和銀行が前身。東京のほか、大阪、名古屋、福岡に支店をもつ。現在は、米ローンスターや新生銀行などが組成した特別目的会社「シャイニング・スター合同会社」と「アライド・ホールディングス合同会社」が株式を取得。ローンスターが実質的な筆頭株主になっている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中