PC遠隔操作事件「真犯人」から「新しいゲームのご案内ですよ」

印刷

   コンピューターウイルスに感染させたパソコン(PC)を遠隔操作して犯行予告の書き込みを行い、4人が誤認逮捕された事件の「真犯人」を名乗る人物が、2013年1月1日に都内の弁護士やメディア各社に「新しいゲームのご案内ですよ」などと書かれたメールが送られていたことが分かった。

   弁護士の落合洋司氏はブログで、受信したメールの全文を公開。表題は「謹賀新年」とあり、本文には「添付のパズルを解くと、先着1名様限定でiesysと付属ツールのソースコード一式、私からの長文のメッセージ(これまで頂いたメールへの解答などFAQ形式)が自動的に入手できる仕掛けになっています」と書かれている。「iesys」とは、遠隔操作のウイルスを指すとみられる。落合氏には1日0時18分に送信され、合計25か所に送られたという。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中