「ぼっちは嫌、食事に付き合って…」 新サービス「レンタルフレンド」とは

印刷

   友達がなかなかできず、1人で行動することが多くなってしまう、通称「ぼっち」を自認する人が最近増えている。かつて「ぼっち」を気にする学生がトイレの個室で飲食する「便所飯」というのが話題になったこともある。

   そんな中、依頼を受けて友人の代わりを務める「レンタルフレンド」というサービスがインターネット上で新たな関心を呼んでいる。いったいどんなサービスなのか。

若年層は友達がいない、中年層は心の触れ合いを求めている

   以前から、結婚式・披露宴などに友人として出席するという代行業はあったが、ショッピングや食事など、日常生活を友人と過ごしたい、という人が、便利屋に依頼をする例が増えているそうだ。

   2009年に設立した女性スタッフだけの便利屋「クライアントパートナーズ」も、そうした依頼を請け負っている。代表取締役の安倍真紀さんによると、もともと「レンタルフレンド」や「友人代行」というサービスをやろうと思って始めたわけではなく、ニーズに応えていく中でサービスが生まれたという。

   具体的には、「ディズニーランドに行きたい」「新しくできた施設に行きたい」「レストランで食事したい」「映画に行きたい」「話し相手になってほしい」などの依頼が寄せられるそうだ。

   「ぼっち」と呼ばれるのは主に大学生だが、依頼主は老若男女さまざま。若年層は物理的に友達がいないという悩み、中年層は他人との心の触れ合いがなく寂しい、という気持ちを抱えているという。隣近所の助け合いが減ったり、コミュニケーションを苦手とする人が増えたりという現状で、依頼は徐々に増えている。

「友達が居た時期があると、孤独が身に染みるんだよな…」

   インターネット上では、13年1月7日、読売新聞の電子版に「レンタルフレンド」を申し込んだフリーターの話が掲載され、話題になった。月に数十件の利用があるという。

   「初めて聞いたわ」「ついに友人をレンタルする時代が来たか・・・」など、そういったサービスを知らなかったという書き込みや、「そんな気にして飯食う奴なんかおるんか?一人じゃ飯も食えんのか?」「社会に出たらみんなぼっちじゃねぇの?1人で行動する事を恐れてたら何もできんだろ」など、なぜそこまで1人でいるのが怖いのかという疑問の書き込みもある。

   一方、「ちょっとでも友達が居た時期があると、それまで平気だった孤独が身に染みるんだよな」「みんながガヤガヤしてる中で、そういう心情になるのはわかる」など、「レンタルフレンドを利用する気持ちも理解できる」という声も見られた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中