「桜宮は素晴らしい学校」「自殺の原因は体罰じゃない」 橋下市長に在校生と保護者から異論・反論続く

印刷

   大阪市立桜宮高体育学科の入試や部活動の中止問題を巡り、テレビキャスター・小倉智昭氏との論争に圧勝した橋下徹・大阪市長。だが、在校生やその保護者ら学校内部からの抗議や反論は依然としてやむ気配がない。

   「部活中止は在校生に苦痛をもたらすだけ」――。保護者や弁護士らによる有志の組織は2013年1月30日、早期の部活再開などを求める文書を市教委に提出した。一方、週刊文春は学校内の証言をもとに「自殺の原因は体罰ではない」とする内容の記事を掲載し、体罰批判を拠り所にした市長主導の学校改革を批判している。

視聴者の軍配は大差で橋下氏

   桜宮高体育学科の入試中止を打ち出した橋下市長と、反対する「とくダネ!」(フジテレビ系)の小倉キャスターの「激論」から一夜明けた1月30日、同番組は視聴者から寄せられた3447通の内容を公表した。

   その結果は「賛成53% 反対22% どちらでもない25%」で、視聴者はダブルスコア以上の大差で橋下氏に軍配を上げた。

   小倉氏は不満げな表情で、東京都国立市教育長などを務めた教育評論家の石井昌浩氏に意見を求めるものの、「橋下さんによって問題の本質が抉り出された」「入試中止は当然の方針」と返された。石井氏は「自殺者まで出したのに今まで通りやっていたら結局何も変わらない」「体罰や暴力がごく普通に行われているという『悲劇』を考え直すきっかけにすべき」とも指摘した。

   現在、在校生の部活動を停止していることを巡っても、この日のコメンテーターの多くは「(部活の再開は)どこに問題があったのかを見つめなおしてから」とする橋下氏の考えに理解を示した。デーブ・スペクター氏は「在校生は部活ができないことで今は犠牲になり不利になっていると感じているかもしれないけど、いつか『学校を立て直した時の自分は一員だったんだ』と誇りに思う日が来ると思いたい」「自殺を風化させないためにも、体罰の抑止力として(部活停止)は妥当なのでは」と語った。

「由々しきは橋下市長の学校介入」

   市教委を自らの方針に従わせ、小倉氏との論戦にも完勝した橋下氏だが、市長のトップダウンで進む学校改革への異論は絶えない。

   「とくダネ!」にも保護者からはこんなメール、ファクスが寄せられた。「体罰は×です。変えてほしいですが、それ以外は日本一(の学校)だと思っています」「(先生たちによる)すばらしい指導だからみんなこの学校を愛し、誇りを持って生きているんです」「子供のことを第一にかんがえてあげてください」。

   保護者や弁護士ら約170人でつくる「桜宮高校から体罰をなくし、改革をすすめる会」は1月30日、部活の早期再開と教員総入れ替えの中止を求める書面を市教委に提出。「部活中止によって一部の生徒は予定していた大会に出場できず、大学推薦の要件が欠ける事態も起きている」と指摘した。

   産経新聞によると、文書提出後の記者会見では2年男子の母親が「息子は部活中心の生活で大学も(運動部での実績による)推薦しか考えていないのに、練習できずモチベーションも下がっている」「子供の運命を軽く考えている」と訴えた。別の保護者は「一生に一度の新人戦に出ることができなかった。大人が考える以上に子供は傷ついている」と早期再開を要望したという。

   一方、かつて橋下氏から「バカ文春」と罵倒された週刊文春は1月31日発売号(2月7日号)で、体罰批判と学校批判を続ける橋下氏への反論記事を5ページにわたって掲載した。

   記事の真偽はともかくとして、自殺した生徒A君の同級生によると、「A君には(体罰の)他にもっと悩んでいることがあった」という。そして体罰以上に悩んでいたのは「バスケの推薦で進学できると信じてA君は嫌々ながらもキャプテンをやっていたのに、自殺の前日に顧問から『キャプテンをやったからといって、大学にはいけない』という現実の話をされた」ことだというのだ。

   また体育学科の入試中止について、週刊文春のメールマガジン読者を対象にしたアンケート(1月22日~28日、回答総数967)では、「とくダネ!」とは大きく異なり賛成44%で反対は56%だったという。

   記事には前出の「桜宮高校から体罰をなくし、改革をすすめる会」発起人の伊賀興一弁護士も登場し「今回の件で一番由々しき問題は橋下市長が『体罰に反対できるのは自分しかいない』と学校に介入したこと。辛いけど立ち直ろうとしている生徒や保護者の気持ちを妨害している」と批判している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中