漁師を支援する新たな広告システムに問い合わせが殺到【岩手発】

印刷

アリティーヴィーの高野です。
今回は、岩手県盛岡市から、岩手県沿岸の漁師さんたちを今までになかった新たなシステムで支援を行なっている「AD BOAT JAPAN」をご紹介します。


news_p163855_1.jpg

これは、企業やブランド、団体様からいただいた広告費で、漁師が所有する船に広告を掲出。
その企業ロゴをまるでF1レースカーのように船体にレイアウトします。

news_p163855_2.jpg

漁師さんは直接支援を受け、その代わりに支援いただいた企業、団体のロゴを船体に張る。
支援した企業や団体は、それぞれの宣伝効果もあり、更に、誰にどのような形で支援されたのかがひと目でわかるという画期的なシステムなんです。
これを考え出し、発足メンバーの一人、菅原誠さん。

news_p163855_3.jpg

岩手県盛岡市の老舗の靴屋「菅原靴店」の専務を務める菅原さんは、震災後、お客様や大勢の方から届けられた「靴」を沿岸部に運んでは配布していました。
その中で、知り合いの漁師さんから現状を聞き、「何とか応援したい」とこのプロジェクトが発足しました。

news_p163855_4.jpg
news_p163855_5.jpg
news_p163855_6.jpg

店内にも、様々な支援商品が置かれています。
漁師さんたちも、最初は抵抗があったようですが、今では「うちもお願いします」と、問い合わせが殺到しているんだそうです。

news_p163855_7.jpg

また、このプロジェクトはもう一つの効果を生んでいます。
それは、ペインティングされた船を見て、それまで漁師なんかやりたくないと言っていた若者たちが「この船かっこいい。漁師やりたい。」というようになってきたんだそうです。
漁業の完全復興には、10年20年かかるとも言われています。
その中で、スピーディーかつ支援する側もされる側も嬉しいこの支援システムは、明るい未来を築く、鍵なのかもしれません。


詳しくはコチラをご覧ください。

 >> ADBOAT JAPAN

 >> Facebookページ



仙台発ネットテレビ局アリティーヴィー
「とうほく復興カレンダー」

"とうほく復興カレンダー"は、日本そして海外に東北のすばらしさを発信していくサイトです。東北の復興物語をカレンダーに書き加え、前を向いて進む人たち、東北の「これから」を応援します。
■とうほく復興カレンダー http://re-tohoku.jp/
■仙台発ネットテレビ局アリティーヴィー http://www.ari-tv.jp/

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中