「ドラえもんは生物として認められないのか」 中学入試問題巡りネットで盛り上がる

印刷

   「ドラえもんが生物として認められない」理由を問う問題が中学入試で出題され、インターネット上で話題になっている。

   入試で「ドラえもん」について出題されることに驚く声や、「本当に生物ではないとしていいのか?」という疑問の声などが上がり、識者からドラえもんファンまで大盛り上がりだ。

解答は「自分が成長したり、子をつくったりしないから」

   2013年2月1日に行われた、「男子校御三家」として知られる名門・麻布中学校の理科の入試で、「右図は、99年後に誕生する予定のネコ型ロボット『ドラえもん』です。この『ドラえもん』がすぐれた技術で作られていても、生物として認められることはありません。それはなぜですか。理由を答えなさい」という問題が出された。

   受験情報サイトの「インターエデュ・ドットコム」が1日夜、この問題と「ドラえもん自身が成長したり、子孫を残すことができないから」という解答例を掲載したところ、インターネット上で「珍しい問題」として話題になった。

   「中学入試の問題…だと…?」「これすごいなぁ」など異色の出題に驚く声、「普通に考えたらロボットだからだろ」「フィクションに登場するキャラクターなので、そもそも生物ではないのではないか」など「そりゃそうだろ」という意見がある一方、「ドラえもん、心は温かいと思うよ…。だから生物として認めたいというのが本音」というドラえもんファンの思いなどがある。「成長しない、子を作らない」という特徴が「童貞で無職の自分」にも当てはまるとして、「自分は生物ではなかったのか」という「自虐ネタ」のツイートも見られた。

   さらにまとめ作成サービス「NAVERまとめ」では、「エリート達震え上がる」として、「麻布中学の問題が凄い」「外資系の就職試験みたいだね」「むむむ、面白いなあ」など、大学教授や予備校講師のツイートを紹介している。

「学習能力があるのだから成長しないということはないだろ」

   「奇問」扱いされたこの問題だが、実は問題を解くための前提となる文章がある。

   それは、「『生物であると判断するための特徴』とは、どのようなものか」というもので、「特徴A:自分と外界とを区別する境目をもつ。特徴B:自身が成長したり、子をつくったりする。特徴C:エネルギーをたくわえたり、使ったりするしくみをもっている。」と、生物の定義が説明されている。

   この文章を受けての問題だったので、きちんと読み解けば答えが導き出せる。

   ただ、この「生物の定義」に疑問を持つ声も多い。身長や体重が増える、爪や髪が伸びるといった「身体的な成長」を指しているが、「ドラえもん自身には学習能力があるのだから成長しないということはないだろ」という「精神的・頭脳的な成長」はしているという反論もある。また、「単細胞生物の中には子孫を作るんじゃなくて分裂して増える奴もいるよね。ドラえもんもフエルミラー(編注:人や物を2つに増やすことができる道具)とかで自己複製できるから生物じゃない?」というツイートもあった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中