安倍首相、イチローインタビューをべたぼめ「実に読ませる」

印刷

   安倍晋三首相は2013年2月14日、日本経済新聞に掲載されたヤンキースのイチロー選手のインタビューについて、「実に読ませるインタビューでした」「『流石、一流の選手は違うな』と思いました。彼には哲学があります」との感想をフェイスブックに書き込んだ。

   記事では、イチロー選手が

「『何かのために』は聞こえは良い。でも時に思い上がっているようにも思える。人間関係においても言えることだが、誰かの『ために』やろうとすると厄介な問題になることがある。しかし、誰かを『思い』何かをすることには、見返りを求めることもなく、そこに愛情が存在しているから不幸な結果になることが少ないように思う」

と自身の哲学を語り、「安倍さんのこと、めちゃくちゃ応援しているんです。頑張ってほしいです」とエールを送っていた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中