斎藤佑樹が伊集院光に「苦悩」を語る 「応援したくなった」、ネットでも共感の声

印刷

   「ボクは、考えて、考えて、考えまくるしかない」「勢いだけでプレイしている人って、あとで苦労するように思えるんです」―。右肩痛を抱えながらトレーニングに励む北海道日本ハムファイターズの斎藤佑樹投手(24)が、タレントの伊集院光さん(45)と対談した。

   かつての時代の寵児は、プロ入り後は不調が続き2軍落ちも経験。沖縄・国頭村で参加中の春季キャンプでも"大谷フィーバー"の陰に隠れがちだ。対談では、そんな斎藤投手の苦悩や本音が赤裸々に語られており、インターネット上でもたくさんの声援が送られている。

「メンタルがすごく強い」わけではなかった

   2人の対談は、2013年2月15日に「Web R25」上で公開された。お相手の伊集院さんは根っからの野球好きで、小学生の頃からの日本ハムファイターズファン。初対面にもかかわらず野球談義ですっかり意気投合すると、斎藤投手は「今は野球をやってても、いろんなことを考えてしまうんです」と現在の苦労を打ち明けた。「メンタルがすごく強い」と自負していたという斎藤に、その苦しみは大きかった。

   「プロでこんな恥ずかしい試合をしてしまったのに、次の日にケロッとしているなんて絶対にムリ。だからボクは、考えて、考えて、考えまくるしかない」と話した上で、自らのビジョンを次のように語った。

「勢いだけでプレイしている人って、ボクはあとで苦労するように思えるんです。本当に才能のある人は最後まで勢いで突っ走れますけど、それはひと握りで、考えている人のほうが、派手ではないんですけど、最後まで長くプレイできるんじゃないかなと。ボクはそれを目指したい」

2ちゃん民も「ハンカチーフガイ」見直した?

   伊集院さんは1月21日放送のラジオ番組「伊集院光 深夜の馬鹿力」で、「会ったらすごい好青年で、野球少年がそのままみたいな人で嬉しかった」と対談を振り返っている。これまでの「腹に一物あるのに喋らない。クール感みたいなのが、ちょっといけすかない」という印象はガラリと変わり、「すげぇいい奴。今年は斎藤佑樹選手を推していく」と宣言した。

   もちろん伊集院さんだけでなく、記事を読んだ人たちからは「応援したくなった」「すごいカラッとした好青年なんだね」「早く肩を治して一軍に復帰してほしいね」と好意的なコメントがインターネット上で相次いだ。特に2ちゃんねるでは、先日もグライシンガー選手(千葉ロッテマリーンズ)が「ハンカチ王子」をもじって「ハンカチーフガイ」と名付けたとして盛り上がるなど、たびたびネタにされてきたが、「なんか斎藤の性格がわかってきた気がするわ」といった声もあがっていた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中