NASA「隕石1万トン以上」と推計 負傷者は約1200人に

印刷

   アメリカ航空宇宙局(NASA)は2013年2月15日、ロシア中部チェリャビンスク州周辺に落下した隕石について、大気圏突入前の段階で直径約17メートル、質量1万トンだったとの推計を発表した。

   なお、ロシア科学アカデミーは隕石について、「直径数メートル、重さ10トン」との見方を示している。爆風により割れたガラスなどでケガをした人は、16日までの州当局の集計によると、約1200人以上となった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中