東証REIT指数、4年6か月ぶりの高値

印刷

   不動産投資信託(REIT)の相場の値動きを示す東証REIT指数は2013年2月26日、前日比5.21ポイント(0.41%)高い1290.12と、2008年8月以来、約4年6か月ぶりの高値を付けた。同日までに6営業日連続で昨年来高値を更新している。

   安倍政権の経済政策「アベノミクス」で、地価上昇への期待が高まっていることを反映し、投資マネーが流れ込んでいるとみられる。

   国土交通省が同日に発表した1月1日時点の地価動向報告によると、3か月前と比べて地価が上昇した地点は、全国150地区のうち51地区で、前回調査の34地区を大幅に上回ったことも後押ししたようだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中