火星にかつて生命体存在か NASA調査

印刷

   米航空宇宙局(NASA)は2013年3月12日、火星探査機「キュリオシティー」が採取した岩石を分析した結果、古代の火星は微生物のような生命体が存在できる環境だった可能性があると発表した。

   NASAによると、岩石には水素や酸素、リンといった生命体の存在に必要な元素が含まれていたという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中