長谷川洋三の産業ウォッチ
フォルクスワーゲン社長のライバル観:我々はトヨタを過小評価していない

印刷
「トヨタは正しい軌道に復帰した。我々はトヨタを過小評価していない」

   独フォルクスワーゲン(VW)のマルティン・ヴィンターコーン社長は2013年3月14日、ウォルフスブルグの本社で開いた記者会見で競合相手についての質問にこう答えた。また韓国の現代自動車については「活発であり、韓国ブランドは良くなっている」と評価し、好業績にもかかわらず手綱を弱めない姿勢を強調した。

   ヴィンターコーン社長は、「2012年は非常に成功した年だった。中国、米国、ロシアで販売を大幅に増やし、VWのグローバルシェアは0.5%増えて12.8%となった」と指摘、「2013年は経済の不透明性にもかかわらず、前年以上の自動車を販売し、過去最高の営業利益を更新するのが目標だ」と強調した。

「競争相手はトヨタ、現代だけではない。競争環境は厳しい」

   VWグループは2012年に前年比12.2%増の927万6000台の新車を販売し、売上高1926億7600万ユーロ(前年比20.9%増)、営業利益115億1000万ユーロ(同2.1%増)をあげた。税引後利益は217億1700万ユーロだった。日本経済新聞の調べによると年末為替換算でVWの売上高は22兆382億円、営業利益は1兆3165億円。トヨタ自動車の2013年3月期見通しの売上高21兆8000億円(前年比17%増)、営業利益1兆1500億円(同3.2倍)を売上高、営業利益とも上回り、収益1位の地位を確保した。トヨタは営業利益で2位、続いて3位独ダイムラー、4位独BMW、5位米フォード、6位韓国現代自動車、7位日産自動車、8位ホンダの順だった。

   しかしヴィンターコーン社長は「競争相手はトヨタ、現代だけではない。競争環境は厳しい」とも指摘。2015年までに502億ユーロを新工場や新製品開発などに投資するほか、これとは別に中国には98億ユーロを投資するなどの投資戦略を続ける考えを明らかにした。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中