「NHKにいても、自分の信じる発信はできない」 退職した堀潤さん、メディアの未来語る

印刷

   「年金なんかの支払いもありますし、まずは日銭を稼がないと(笑)。急に会社辞めると大変ですね」――そう肩をすくめて見せる元NHKアナウンサー・堀潤さん(35)だが、その口調はどこか楽しげだった。

   ツイッターなどでの局批判、そして米国で制作した原発ドキュメンタリーなどが波紋を呼んだ堀さんは、2013年3月18日NHKに、4月1日付での退職届を提出した。J-CASTニュースは29日、都内で退職直前の堀さんにインタビューし、退職までの経緯、そして「これから」について話を聞いた。

原発事故は、取材するほど「人災」という部分が見えてくる

J-CASTニュースの取材に答えた堀潤さん(3月29日、都内で)。手にしているのは「8bit News」のロゴ入りスマートフォン
J-CASTニュースの取材に答えた堀潤さん(3月29日、都内で)。手にしているのは「8bit News」のロゴ入りスマートフォン

   信念を貫いた硬骨の人――そんなイメージを抱いて待ち合わせ場所に赴いた記者だが、実際に会った堀さんは「イケメンアナ」の印象そのままのにこやかさ。一方でひとたびインタビューが始まると、ほぼまる1時間、熱っぽくメディアの未来を語り続けた。

――福島・原発をめぐる問題について関心を抱いたきっかけは?

 震災のちょうど2~3週間前、当時担当していた番組で、福島の一次産業を取材していました。当時の福島では、農作物のブランド化を進めてTPP参加に立ち向かうことを目指していました。ところがその直後に震災、そして原発事故があり、その生活は奪われてしまった。取材した身として悔しくて……イデオロギー的な反原発とは別に、もう2度とこんなことが起こってはいけない、ということを発信していきたいと思ったんです。
   一方で原発事故は、取材するほど「人災」という部分が見えてくる。政府や電力会社、そしてパニックを恐れ、伝えるべきことを伝えられなかったメディアのあり方。事故を通じて、日本が抱えるさまざまなひずみ、問題が見えてきた。これは取材するしかない、福島が復興する日まで関わらなくてはいけない。そう決心しました。

――退職にいたる経緯は?

 ツイッターでの発言など、僕の行動は局内でもハレーションを招くようになりました。特にUCLAで制作した映画「変身」は、かかわっていた市民メディア「8bit News」に投稿された動画、そして僕自身の取材を合わせたドキュメンタリー作品でしたが、NHKはそれを「反原発映画」ととらえた。「内容が問題ではない」としてはいますが、結局米国で予定されていた上映会は中止です。
   こういうことがこれからも続くと思うと、もうNHKでは仕事はできない、NHKにいても自分の信じる発信はできないと感じました。幸い今はインターネットもあるし、いろんな発信ができる。そうして帰国から3日後、退職届を出しました。

――現在(29日時点)は何を?

 今はときどきNHKで残務処理をしながら、有給休暇を使って春からの準備を進めています。取材を続けている福島の皆さんのところにもあいさつに行きました。いわば短期間で就活をしているようなもので、かなりの忙しさ。早く足場を作らないといけませんね。

市民メディア「8bit News」が今後の拠点

 ――堀さんは2012年6月、評論家の宇野常寛さんらとともに、市民メディア「8bit News」を設立、運営主体としてNPOも立ち上げました。今後の活動は、この8bit Newsを軸にしたものになる?

 8bit Newsは、市民記者による動画ニュースを中心としたウェブサイトです。開設直後には一般の女性が、当時まだマスメディアがあまり報じていなかった官邸前の脱原発デモの様子を撮影して投稿、1週間に10万再生を記録し、その後、相次いでテレビも取り上げるようになりました。また、会社を辞めて福島第1原発の作業員になった方による、労働環境についての内部告発も掲載し、こちらも新聞などに取り上げられました。
   先進諸外国では、一般の市民がテレビの電波を使って発信できる権利「パブリックアクセス」が確立されています。特定のテレビ局が電波を独占しているのではない。英BBCなどでは単に市民が持ち込んだ映像を流すだけでなく、放送機材やスタッフなども提供することさえしています。NHKも受信料で成り立っているんだから、そのインフラを使ってもらうべきだと思ってるんですけどね。
   8bit Newsはこうしたパブリックアクセスの受け皿になることを目指すサイトです。市民と、自分のようなジャーナリストが、力を合わせてやっていく。65人の市民記者が登録し、これまでに1000本の動画が投稿されています。原発関連の話題が今は多いですが、地域の問題などを取り上げた投稿も出てきています。

ネットとマスメディアの橋渡しになるような事業を仕掛けたい

――8bit Newsを今後どのように展開していきますか。

 夏をめどに、8bit Newsをリニューアルして、主に市民記者やフリージャーナリスト向けのクラウドファンディング(ネットを使った資金調達)サイトを開始する予定です。
   取材にはどうしてもお金が必要で、今は大手メディアでさえ調査報道は、「お金も時間もかかる」などの理由で撤退するケースが多い。ここでは、「○○について取材をしたい」という人に、共感した人が資金を提供できるようにします。たとえばJ-CASTニュースの記者さんも、利用されてみたいと思いませんか?

――既存メディアでも参加できますか。

 「ネットでメディアを始める」「新しいメディアを作る」というと、どうしても既存マスメディアを「敵にする」というようなイメージを持たれます。ですがネットとマスメディア、両者を知る自分としては、その橋渡しになるような事業を仕掛けたい。8bit Newsが新たなメディアになるというより、今あるメディアと協力し合って、良質なコンテンツが作れるようにしていけたら。すでに「協力する」という出版社さんや、「参加したい」というジャーナリストさんも出ています。本当はNHKでこれができるとよかったんだけど……。
   今後はこうしたパブリックアクセスを広めるための活動と、福島の取材を始めとしたジャーナリストとしての仕事の2つを続けていきます。今まではいわば受信料に「食べさせてもらっていた」わけですから、社会に還元していかないといけません。
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中