都営バス・地下鉄24時間運行 「笑う」居酒屋「泣く」タクシー?

印刷

   東京都の都営地下鉄や路線バスの24時間運行が、にわかに現実味を帯びてきた。猪瀬直樹・東京都知事が、地下鉄やバスを24時間運行している米ニューヨークを視察して、「東京も公共交通を24時間化する」と表明したからだ。

   政府も、産業競争力会議で検討を進めている「アベノミクス戦略特区」として「後押し」する見通しで、東京が本格的に「眠らない街」になる。

バス運行の24時間化、大いに「脈あり」

都営バスが12月中にも、渋谷‐六本木間を24時間運行することに…
都営バスが12月中にも、渋谷‐六本木間を24時間運行することに…

   猪瀬知事は、手始めに2013年12月中に、渋谷‐六本木間で都営バスを運行する考え。東京都は現在、23時以降に深夜バス(運賃は、通常の2倍の400円)を6系統で走らせている。それらの最終バスは午前0時台に運行しているが、渋谷‐六本木間もその1本(終点は新橋)。利用状況は、「1回の運行で10数人~20数人程度」(交通局)という。

   これを片道1時間に1本程度を想定して利用状況を調査。あわせて、他の路線についても検討していく。

   じつは都営バスの24時間運行は、13年ほど前の石原都政時代にも持ち上がった。当時は深夜に都心からの帰宅便がなかったことで検討したが、実現しなかった。「今回は都心部の魅力アップが狙いですから、視点が違います」と、バス運行の24時間化に向けて大いに「脈あり」とみている。

   ただ、都営地下鉄の24時間運行は簡単ではない。猪瀬知事も「線路のメンテナンスをする時間が必要で、現状では難しい」と話していて、現在の終電時間を遅らせたり始発時間を早めたりする、運行時間の延長での対応を検討するという。

   一方、新宿や渋谷、赤坂、六本木にバブル経済で華やかな頃の、ネオンに煌々と照らされていた街が戻ってくる――。都営バスの24時間運行に、早くもそんな期待を寄せる声があがっている。

   現在でも居酒屋などの深夜まで開いている店が多く並ぶ、渋谷センター街や新宿・歌舞伎町などは「大歓迎」だ。交通機関の24時間運行が実現すれば、お客が店に滞留する時間が長くなるし、2軒目、3軒目と流れてくるお客が見込める。

   コンサートや観劇、スポーツ観戦を楽しんでから、現在はまっすぐ帰宅しなければならなかった人が、ゆっくり食事をしてから帰れるようにもなる。

   バス路線の拡大、あるいは地下鉄が24時間運行して、国際化した羽田空港に合流すれば、海外からのビジネス客や観光客の需要も取り込める。

年収400万円アップ 転職を成功させる方法

   エグゼクティブクラスの求人はほぼ公表されない。しかし、優秀な人材を発掘するヘッドハンターは実在する。では、彼らにどうやってアクセスす...続きを読む

PR 2015/04/02

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
026
ポコちゃん 2014/8/31 19:42

墨田区バスにも24時間あさまて運営よろしくお願いいたします。

025
ブルーライン 2013/9/30 18:23

地下鉄はメンテナンス問題があるのでまだ先としてまず繁華街のバス運行は無理。乗客は残業帰りの紳士じゃなく殆ど酔っ払い!必ず事件やトラブルが起きる!エムケイの社長が駅員に暴力で逮捕されたのも飲酒が原因。酒は魔の飲み物!そんな連中が公共の乗合バスに乗ったら考えなくてもわかるでしょ!夜中の移動はドアツードアのタクシーで充分である!タクシー代を惜しむなら終電で帰宅しろと言いたい。酔っ払い同士がのるバス、地下鉄は治安の破壊に繋がります!

024
都バス 2013/4/23 09:10

多分そんなに利用者はいないよ~税金の無駄でしょ。深夜はタクシーに任せれば良い。アホの考えだね。

コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

20〜40代の独身男性2000人アンケートでわかった真実とは?

エクスぺリアのような高性能機種でも、こんなに差が出るとは!!

メディアの成長支える「企画営業部」で即戦力となるスタッフを募集しています。

数分で読める、わかる、鎌倉女子大学のwebミニ講座。これが無料?!

ミニッツシンキング

お知らせ