モンテローザが任天堂に商標登録取り消し求める 「わらわら広場」と居酒屋「笑笑」がソックリなんだって

印刷

   笑笑(わらわら)などを傘下に持つ、居酒屋チェーン大手のモンテローザが任天堂の家庭用ゲーム機「Wii U(ウィー・ユー)」で表示される「わらわら広場」という画面と、「笑笑」がほぼ同じだとして、特許庁に商標登録の取り消しを求める異議を申し立てたという。

   一方、任天堂は、「わらわら広場」は特許庁から問題なしとして商標登録が認められたものであり、モンテローザが異議申し立てをしたことも把握していない、としている。

北米、欧州など数十カ国でも異議を申し立てる?

   共同通信などの報道によれば、モンテローザが異議申し立てをしたのは13年3月22日。「わらわら広場」という画面と、「WaraWara」を商標登録したことを問題視し、既に「わらわら」「WARAWARA」などを登録し、「わらわら」を有名にしたのは自分達であり、「自社商標の価値が低下するため、便乗は許されない」と語っているという。不正競争防止法違反の可能性があるとする通知書を任天堂に送る方針のほか、「Wii U」が販売されている北米、欧州など数十カ国でも異議を申し立てるそうだ。

   「わらわら広場」というのは「Wii U」を起動するとテレビ画面に現れる画像で、ここにはたくさんのプレイヤーの分身キャラクターが集っていて、文字(チャット)や絵で情報交換できるコミュニケーション広場になっている。「Wii U」は大ヒットしたゲーム機「Wii」の後継機として12年12月から発売を開始し、これまで全世界で345万台、国内では92万台売れている。

任天堂は「何も把握しておりません」

   任天堂広報に話を聞いてみると、「わらわら広場」はきちんとした手続きにより商標が認められていて、今回の件についてはモンテローザや特許庁から何の問い合わせも来ていないため、

「異議申し立てをされているということを含め何も把握しておりません」

ということだった。

   居酒屋「笑笑」は1999年1月から他店舗化を始め、海外を含め約300店舗を展開している。モンテローザは、異議申し立ての担当者は海外出張中であるとしたうえで、

「異議を申し立てたということ自体についても分かる者が社内にはおりません」

と語った。

   ネットでは、居酒屋と新型ゲーム機が商売上で競合するわけではないため異議申し立てをする理由が分からないという意見が多く、そもそも「笑笑」と「わらわら広場」では文字が異なるため商標登録に何の問題があるのか、と考えている人もいる。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中