「僕は友達が少ない」作者が実写映画化を認める 剛力彩芽などネットで噂の「キャストについてはデマ」

印刷

   人気ライトノベル「僕は友達が少ない」が実写映画化されるのではとネットで話題になっていることを受け、原作者の平坂読さんがコメントを発表した。騒ぎが大きくなったため「今回ばかりは『え、なんだって?』で済ませるわけにもいかない」として、「現在、拙著『僕は友達が少ない』を原案とする実写映画作品の制作が進行しております」と実写映画化を認めた。

ライトノベル業界の未来に強い危機感

   実写映画化の騒ぎは、龍谷大学のフェイスブックページに掲載された学生向けエキストラ募集告知「僕は友達が少ない(仮) 配給:東映 制作:TIMES IN 公開:2014年公開予定」という書き込みから始まった。原作の「僕は友達が少ない」(略称:はがない)は2度アニメ化された人気作品であるため、この情報が「はがない実写映画化決定!」とネット上で広がり、ファンの間で騒ぎになった。とりわけ、実写化する際に原作のイメージと異なるキャストが起用されることを危ぶむ声が多くあがった。

   騒ぎを受けて平坂さんは2013年5月2日にツイッターで、「公式発表はまだなのですが、あまりに騒ぎになっているため編集部と相談の上、コメントを出させていただくことにしました」と述べ、ネット上でコメントを発表した。

   実写映画化のオファーが来たのは2011年6月で、当初は「『はがない』は実写に向いた内容ではない」として、オファーがあったときは「はっきりと反対でした」という。しかし、ライトノベル業界の未来に強い危機感を抱いていた平坂さんは、

「小さなパイを奪い合い、せっかくの優れた作品や作家が次々と埋もれていくような現状を打破するには、市場に新しい人を呼び込むための(漫画化やアニメ化やゲーム化以上の)大胆な動きが必要なのではないか」

という考えから、実写映画化について「相当迷いながらも許諾を出した」としている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中