「ワシントン・ポスト」紙苦境続く 読者減と広告減の二重苦にサイトの課金制導入

印刷

   「ワシントン・ポスト」といえば1970年代のウォーターゲート事件の調査報告でジャーナリズムの雄として世界的な名声を獲得した米国を代表する日刊紙だが、新聞業界を取り巻く構造不況の中で広告収入や発行部数の低下に歯止めがかからず、その将来は不安に包まれている。

   2013年5月3日(現地時間)に発表された2013年1~3月期の決算報告によれば、売上高は前年同期から4パーセント減り4億8600万ドルだった。印刷版の広告収入の減少が最大の不振要因で、一年前の水準から8パーセントほど落ち込んだ。電子版(「ワシントン・ポスト・ドットコム」)やウエブ誌「スレート」でのオンライン広告は8パーセント増加して順調だったが、電子広告の全広告収入に対する割合は35パーセントでしかなく、印刷版広告の不振を補うことはできなかった。

平均発行部数は45万7000部で7.2パーセント減

   同紙は自身を首都ワシントンの「ローカル紙」と位置づけるユニークな新聞だけに、地元民による購読がその基盤になっている。それだけに読者の紙離れという現象は、ワシントン・ポストのビジネスモデルを根底から揺さぶる。同四半期の数字を見ると、週日の平均発行部数は45万7000部で7.2パーセントのマイナス。ワシントン・ポストは1月に料金値上げを実施し購読者数の低下による売上減を補填したが、新聞を消耗させる「いたちごっこ」に終わってしまう可能性がある。

   新しいビジネスモデルを模索する一方で、ワシントン・ポストは13年夏からウエブサイトの課金を始める計画だ。最大のライバル「ニューヨーク・タイムズ」紙が2年前に導入した「メーター制」と呼ばれる課金制度(有料会員でなくても毎月限られた数の記事を無料で読むことができる)が成功し、新たな収入源へと育っている。オープンウエブ支持のワシントン・ポストもついに課金の軍門に下るわけだ。

   また、同紙ではホワイトハウスに近くワシントンの名所の一つになっている本社ビルの売却が検討されているという。同ビルに併設された印刷工場は90年代末に閉鎖され、老朽化したビルにしがみつく理由はないという論理だが、ワシントン・ポストに象徴される歴史のひとこまが終わろうとしているのだろう。

(在米ジャーナリスト 石川幸憲)

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中