「ローゼン閣下」麻生太郎副総理に失望の声 日本のマンガ、アニメを児童ポルノ禁止法から守ってくれそうにない!

印刷

   マンガ好きで知られ、オタクから強い支持を得ている麻生太郎副総理に、ネットで失望の声が上がっている。

   みんなの党の山田太郎参議院議員(45)が2013年5月8日の参議院予算委員会で、児童ポルノ規制法の改正について質問。実施されると、幼児の入浴シーンがある野球漫画「ドカベン」すら発禁になりかねない、として意見を求めたところ、副総理はマンガを擁護するどころか規制強化に賛成かのような回答をしたからだ。

「 児童ポルノ規制に手を付けたのは自分が一番最初だろう」

   山田議員は昨今の児童ポルノの取締り強化について言及し、法律は児童を児童ポルノの写真や映像から守ろうという趣旨で、本来関係のないはずのマンガやアニメにまで解釈が拡大してしまった、と指摘。漫画やアニメの登場人物は全て非実在の空想の創造物だから誰も被害を受けないはずなのに、登場人物の肌が少しでも見えていたら問題視されるのは、クールジャパンとして世界に打ち出している日本の漫画やアニメが面白くなくなり、また廃れてしまう、と力説した。そして、2009年の国会に提出された児童ポルノ禁止法の改正案は廃案になったが、自民党内でまた提出の動きが出ていることについて、日本のマンガやアニメに詳しい副総理はどういう考えを持っているのか、と質問した。

   副総理は、児童ポルノ規制に手を付けたのは自分が一番最初だろうと記憶している、と答弁し、成人向けだとする表記を強化したり、子供の手に届かない高さの棚に置くようにしたり、出版社ともやりあった結果、

「表現はかなり昔に比べれば良くなったんではないかとは思っております」

と自画自賛した。

マンガやアニメで頑張っている人を支えて行く気はない?

   答弁が不満だったせいか、今度は安倍総理に聞いた。

   1999年には既に児童ポルノに対する自主規制が始まっていて、文化庁メディア芸術賞で大賞を取った複数の漫画ですら書店の棚から降ろされるようなことが起きている。このままでは自分と同じ名前の主人公が活躍する「ドカベン」も、サチ子という8歳以下の妹の入浴シーンがあるため発禁本になる可能性もがある、と指摘した。安倍総理は、

「表現の自由との関係もございますので、私は、慎重な考慮が必要であるということについてはそのとおりなんだろうと、このように思います」

とし、法律の改正は慎重な検討を進めていくべきと思う、とした。

   山田議員は、マンガやアニメに比べなぜ小説は問題視されないのか、と再び副総理に質問した。副総理は、

「小説の方が子供が読まないんですよね。漫画の方が子供が読むものだから、どうしても漫画の方に目が行く」

とし、マンガやアニメを問題視する背景をこう語った。

   この予算委員会の質疑応答について山田議員はインターネット放送で、ローゼン閣下とオタクたちに慕われ、秋葉原での演説で大喝采を浴びた副総理は、実は選挙向けのポーズだった可能性があり、規制派だった、と感想を述べた。同席していたみんなの党の三谷英弘衆議院議員(36)も副総理について、

「マンガ、マンガと持ち上げられているけれども、その実、誰からそう言われたいかといえば、たぶん『良識派』からだ。そういう世界(アニメやマンガ)で頑張っている人たちを支えていこうという印象は受けなかった」

などと語っていた。ネットでは副総理について、

「ローゼンとか言ってた奴は工作員か、騙された馬鹿だったね」
「やはり麻生はマンガオタじゃねーなw規制する気満々じゃねーかw」

などといった意見が出ている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中