橋下氏の慰安婦発言「言語道断で不快」 米政府が公式に批判

印刷

   従軍慰安婦は必要だったとした日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長による発言について、米国務省のサキ報道官は、2013年5月16日の会見で、「言語道断で不快だ」と非難した。米政府が公式に批判したのは初めて。

   サキ報道官は、慰安婦について「嘆かわしく、重大な人権侵害であることは明らかだ」とも述べた。なお、橋下市長は、在日米軍に風俗の利用をも勧めていたが、米国防総省のリトル報道官は、米軍が買春を拒否するのは「言うまでもない」としていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中