維新・西村議員が除名処分へ 「日本に韓国人売春婦ウヨウヨおる」と発言

印刷

   2013年5月17日に開かれた日本維新の会の代議士会で、橋下徹共同代表のいわゆる従軍慰安婦をめぐる発言の海外報道について、西村眞悟衆議院議員が

「慰安婦がセックス・スレーブ(性奴隷)というふうに転換されていますので、これが国際的に広がれば反日暴動が、謀略が成功しかねないということですから、我々積極的に売春婦とセックス・スレーブは違うんだと、売春婦はまだ日本にウヨウヨおるぞと韓国人、反撃に転じた方がいいと思う。私今日大阪に帰りますが、大阪の繁華街で『お前、韓国人慰安婦やろ』と言ってやったらよろしい」

と発言した。

   慌てた松浪健太衆議院議員に「今のは撤回してください、撤回してください。今の韓国人というのは撤回してください」と求められると、「韓国人は撤回します。慰安婦であります」と言った。

   代議士会終了後、西村議員は「韓国という国名を挙げたのは少々不穏当であった」と釈明、離党届と会派離脱届を提出した。テレビ朝日の報道などによると、発言を重く見た党は執行部は受理せず、除名処分にする方針という。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中