iPhone5の75Mbps LTEカバー率14%だった auの誇大広告にネットで怒り爆発

印刷

   KDDIは2013年5月21日、高速通信サービス「au 4G LTE」の広告で、アップルの「iPhone(アイフォーン)5」が対応するエリアを実際より広く表示したとして、景品表示法違反(有利誤認)で消費者庁から措置命令を受けたと発表した。

   消費者庁によると、KDDIは12年9月以降、ホームページや製品カタログで、アイフォーン5を含むLTE対応スマートフォンについて、下り毎秒75Mbpsの通信速度のエリアが、「サービス開始時より全国主要都市をカバー」「2013年3月末に人口カバー率で96%になる」などと記載していた。

「最悪だなぁau。恥ずかしくないのかなぁ?」

   しかし、実際にはサービス開始当初「75Mbpsの速度で利用できる地域は極めて限られていた」(消費者庁)。また、13年3月末までのサービスエリア拡大の対象は、Android搭載スマートフォンが送受信できる周波数帯域に限られており、iPhone5については、全国のほとんどの地域において計画はなかった。

   そのため、13年3月末時点でも、iPhone5で75MbpsのLTEサービスを利用できる地域は、実人口カバー率14パーセントの地域のみだった。

   KDDIは「お客様に多大なるご迷惑をおかけしたお詫びと、このような事態を発生させた責任として」、田中孝司社長以下、関係責任者の報酬を3か月間10%から20%減らすとしているが、そんなものでは甘いとネットユーザーは怒りを爆発させている。

「これって、減俸で済む問題なのだろうか…」
「auのLTE虚偽。LTEとして使用料余分に取っていてこれは確信犯の詐欺では?。最悪だなぁau。恥ずかしくないのかなぁ?。役員の減給だけじゃなく契約者に返金すべきじゃないの?」
「嘘ついて勧誘して・・・2年縛りで囲い込んで・・・繋がりもしないLTEで金とって・・・酷い奴らだね。 早く解約したい・・・」
「そこまでしてiPhone5売りたかったんか」

   このLTEカバー率表示の問題は、ネットでは12年11月頃からすでに指摘されていた。12年12月11日にJ-CASTニュースがこの件についてau広報に問い合わせた際には、「表記はすでに修正した。au 4G LTEのエリアはホームページ上で公開している。iPhone5に限ったエリアは掲載していない」などと話していた。

   また、総務省も2013年5月10日、再発防止策を取るよう同社を行政指導していた。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中