ディズニーランドの写真、SNSやブログのアップ禁止? 「公衆送信禁止」でファンに不安広がる

印刷

   東京ディズニーランド(TDL)と東京ディズニーシー(TDS)が、園内での「他のお客様等のご迷惑となる撮影および公衆送信」を、来園者に対して「固くお断りする」方針を打ち出した。

   2013年5月28日、ホームページの記載を変更した中で分かったものだが、ネット上のファンの間では、SNSにアップするのもだめなのか、と不安が広がっている。

「SNSへの掲載も含めて一概には言えない」

   2013年5月28日、「東京ディズニーランドからのお願い」として、「パーク内では走らないでください」「公衆送信または商業目的の撮影等」は「固くお断りいたします」などというくだりが新たに記載された。「公衆送信」とは、インターネットなどを使って不特定多数の人に見られる状態にする事をさす。

   これを受けて、「パーク内で撮った写真のブログ、ツイッター等へのアップは駄目って言われちゃった…ディズニーブログとツイッタラーはどうなるんだろう」との心配がファンの間で広がった。

   本当に、全面禁止になってしまうのか。29日、J-CASTニュースがTDL・TDSを運営するオリエンタルランドの広報に話をきくと、「誤解があったようなので、表記を変更しました」という。

   確かに、「公衆送信または商業目的の撮影等」の部分が、「他のお客様などのご迷惑となる撮影および公衆送信」と変わっていた。要は、「他のお客様からクレームがくるような」撮影を遠慮して欲しいということだったそうだ。

   ただ、新たに追加された「公衆送信」とはなんなのか、依然として気になるところだ。たとえば、ミッキーと一緒に写った写真をツイッターやフェイスブックに掲載することも問題になるのだろうか。

   担当者によると、写真の利用については「以前から、個人で楽しむ範囲でとお願いしております」。しかし、どこまでが「個人で楽しむ範囲」に含まれるかはケースバイケースで、SNSへの掲載も含めて一概には言えないそうだ。

   この「範囲」とは一般的な著作権等の法解釈に照らしてのことで、ディズニー側で独自の基準を持っているわけではないとした。

ニコ生無断配信が原因?

   なお、ツイッター上では、お客用のインフォメーションセンターに聞いた情報として、

「写真等を個人的に(趣味の範囲で)撮って、個人的なブログやツイッター等に上げることを固くお断りするものではないそうです。(要するにそこは今まで通り黙認) 仮装写真も同じだそうです。ただし、ディズニーの著作権に触れる画像(この辺の線引きが曖昧)は版権がOLCじゃないからやめた方がいいよ。って感じ。なので迷惑行為や大多数に向けて『配信』などの趣味の範囲を越えた行為をしなければ今まで通り黙認ということでしょうかね」

と書いている人もいる。

   表記が追加された理由については、ネットの一部では、2013年4月におきた「事件」のせいではという見方も出ている。無断でニコニコ生放送を園内でした男性が、係員に取り囲まれ、退園を求められた。男性は係員に後をつけられていることに気付くと、園内を全力ダッシュで逃げた。この一部始終がリアルタイムでネット配信されたのだ。

「最近、ニコニコ生放送やユーストリームでの中継が問題となっているためそのことを意味しているのではないでしょうか・・・。とのことでした」

   こんなキャストの見方も、ファンのツイッターで紹介されている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中