長谷川洋三の産業ウォッチ
経団連会長の上機嫌:外国人の対日観が変化

印刷
「アベノミクス効果で外国の要人と話しても日本への関心が高まっている。今日もルース米国大使から日本経済に明るい兆しが出ているという言葉をいただいたところだ」

   日本経団連の米倉弘昌会長(住友化学会長)は2013年6月4日の経団連総会後のパーティーで顔をほころばせて外国人の対日観の変化を私に語りかけた。

   とりわけ米倉会長が期待をかけているのは製造業の復活だ。「製造業は実態経済への影響が大きい。米国のオバマ大統領も製造業の復権に力を入れているが、米国では消滅した部品産業もあるし、そう簡単に製造業が復活するとは思えない。日本では、未来都市プロジェクトなど日本の強みである技術力と人材をテコに新たな成長の機会を見つけていきたい」と強調した。

製造業出身の副会長は軒並み饒舌

   経団連正副会長による記者会見でも東芝の佐々木則夫社長、住友金属工業の友野宏社長、日立製作所の川村隆会長、三菱重工業の大宮英明会長、トヨタ自動車の内山田竹志副会長といった製造業出身の副会長は軒並み饒舌だった。

   トヨタの内山田副会長は「国際競争力の強化のため、第一にモノ造りの現場、第二にイノベーションによる新しいビジネスの創造、第三に人材育成に取り組む」と抱負を語った。また日立製作所との協力を進める三菱重工の大宮会長は「日立との統合が日本の産業界の協力にエポックになるよう期待している」と語った。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中