ホームレスの文学募る 「路上文学賞」が授賞式

印刷

   ホームレスの人などを対象にした文学賞「路上文学賞」の授賞式が2013年6月8日、都内で開催された。

   路上文学賞実行委員会・ビッグイシュー基金の共催で、今回が3回目。作家の星野智幸さんが選者を務める。現在あるいは過去に路上生活経験がある人、またいわゆる「ネットカフェ難民」など、広い意味での「ホームレス」の人を対象に、小説・エッセイなどの作品を募った。33作品の応募があり、8日は首都圏からの参加者2人が表彰された。

   都内で路上生活を送っている河野開司さんは、その日常を「マニュアル」風に、ユーモアを交えて描いた作品で佳作となった。表彰式では、これからも連続入賞を目指したいと意気込みを語り、大きな拍手を受けた。

   選者の星野さんは、「自分史を描いた作品が多く、また原稿を皆きれいに清書していて、作品に手をかけていることが伝わってきた。『母』をテーマにした作品が多かったのも印象的だった」と語った。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中