「進撃の巨人」作者ブログ荒らされる 日本の軍国主義想起かを巡って日韓論戦?

印刷

   人気漫画「進撃の巨人」の作者ブログが、大量のコメントで荒らされる事態になっている。作品に軍国主義メッセージがあるかなどを巡って、日本語と韓国語で激しい応酬が繰り返されているのだ。

   「進撃の巨人」は、2013年4月7日にテレビアニメが始まり、韓国でもほぼ同時期に、ケーブルテレビやネット配信で流された。今回の論争は、日韓のメディアがそのメッセージ性について取り上げたことで始まった。

韓国語などで作者罵倒の書き込み

作者の諫山創さんも驚く
作者の諫山創さんも驚く

   まず、韓国の一部ネットメディアなどが2013年5月下旬、作品には日本の軍国主義を想起させるなどと記事を書いた。人を食う巨人に対抗して壁を築き、「戦わなければ生き残れない」と人々を鼓舞するストーリーがそれに当たるというのだ。また、日本でも、日経ビジネスが6月6日、韓国人ITジャーナリストのコラムをサイト上に載せ、その中で、韓国では同様なメッセージがあると分析する向きもあると紹介した。

   すると同じ6日に、作者の諫山創さんの公式ブログに、コメントが大量に書き込まれ始めた。

   真相はよく分からないが、アニメの違法動画を韓国語の字幕で見られないかという書き込みに批判が相次いで、コメント欄が炎上したともされている。「死ね」などと作者が罵倒されたり、韓国語の誹謗・中傷があったりして、10日夕までに3000件ほども書き込まれている。

   韓国語では、軍国主義への反発からか、「伊藤博文が殺されたのは、日本の自業自得じゃないの」といった過激な書き込みもあった。

   また、翻訳機にかけたような書き込みは、ネトウヨが韓国人になりすましているからだといった指摘があり、それに反論も出て、応酬が続いている。

   漫画を出している講談社の広報室は、韓国では、アニメが放映されてから社会現象にまでなっていると明かした。

作者自身はさほど気にしていない?

「韓国の東亜日報などの3大新聞にアニメが取り上げられ、最大手検索サイト『NAVER』では、2日間にわたって、『進撃の巨人』が全ジャンルの検索ランキング1位になったと聞いています」

   一方、軍国主義のメッセージ性があると韓国メディアから指摘されたことについては、「そんな記事が出ているんですか。こちらにはまったくそんな反応が来ていませんので、韓国の状況はよく分からないです」とのことだった。

   作者の諫山創さんがメッセージ性を意識していたかどうかには、「諫山さんからは、そんな話を聞いたこともありません」とした。読み方の自由はあるが、作品に出ていることがすべてだとしている。

   諫山さん自身は、こうした炎上もそれほど気にかけていないらしい。2013年6月8日のブログでは、「アクセス数がすげえええええええええ!!おかげさまで好評いただいております!これを利用 しない手は無いでしょう!鉄は熱いうちに打つべし!!」と前向きな書き込みをしている。

   なお、「進撃の巨人」のアニメは、世界各国でも反響を呼んでいるようだ。

   韓国のほか、中国、アメリカ、フランスでもネット配信などがされ、講談社によると、中国では1350万アクセス、アメリカでは100万回再生を記録した。今後は、さらに増えて、イタリア、ドイツや東南アジアでも流される予定だそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中